ED(勃起不全・勃起障害)ってなに? EDの原因から治療法まで知っておきたいこと。
「ED」のここカラダ〜ED(勃起不全・勃起障害)症状をもつ日本人は1000万人以上。男性だけで悩まないでパートナーと一緒に早めの受診を。
[ED]のここカラダ TOP > EDコラム > 女性にも知ってほしいED
 

女性にも知ってほしいED

07.05.10 更新

夫、恋人がEDかもしれない… 女性はどう対応したらいいの?

夫や恋人がEDかもしれない…と感じたとき、女性はどう対処すればいいのでしょうか?デリケートで傷つきやすい男性も多い中、EDを共に乗り越える方法について考えてみましょう。

男性が女性に理解してほしいことって?

男性なら誰にでも起こりうること

日本では1000万人以上の男性がEDの悩みを抱えているといわれています。男性であれば、いつ起きても不思議ではないことだと、女性の側もしっかり認識して広い心で接してみてはいかがでしょうか。

その日の体調や飲酒なども影響あり

お酒の飲みすぎ、疲労、職場の人事異動やストレスなどにも影響を受けるのがEDです。セックスについては一度や二度の失敗を過度に気にしないようにし、男性に対しフォローしてあげることも大事です。

他人と比較しないこと

一般的に4回のセックスのうち、3回以上失敗してしまった場合にEDを疑う必要があります。もし、パートナーのどちらかが不満を抱えている場合は、医師に相談する必要があるといえます。しかし定期的なセックスがなくても、お互いに満足していれば問題ないのです。他人の意見に左右されず、自分とパートナーとの最良の関係を保つためにどんな性生活を送るべきかを考えてみましょう。

プライドを傷つけないように

もし夫や恋人がEDかもしれないと感じても、怒ったり責めたり口に出したりせずに、できるだけリラックスできる関係を築き、雰囲気や場所を変えてみるのもいいでしょう。ときに男性の自尊心を傷つける言動は、一度の失敗を後々まで引きずってしまう危険がありますから気をつけましょう。 また、女性が自分に性的魅力がないと落ち込んだりするのは、お互いの関係を壊す要因にもなりかねません。もしパートナーからEDについて相談があったら、きちんと聞いてあげて、一緒に通院するなど共に克服する努力をしていきましょう。

パートナーからの相談、どう受け応える?

EDについて相談されたら…

男女の性意識の違いも説明してみて
男性から自分がEDかもしれないと相談されたら、女性側のセックスに対する気持ちを素直に、正直に話してあげましょう。男性は女性が思っている以上に、勃起力や勃起の持続を気にして他人と比較したがるものです。女性はそれよりも、肌の触れ合いや男性の優しさが感じられる行動に愛情を感じることを、伝えてあげることも大切なのです。

泌尿器科への通院を相談されたら…

一緒に行こうよ!と声をかけてあげて
男性からEDや泌尿器科への通院を相談されることは、女性としてとても誇らしいことだと思います。なぜなら、男性にとって口に出しづらいであろう悩みを、あなただけに相談してくれたからです。つまり、それだけ2人が強い信頼と愛情の絆で結ばれているということです。
ED治療は、夫婦や恋人が協力しながら治療した方が早く治ることが多いので、「一緒に行こう」などと気楽に声をかけてあげて、協力していくことが大切です。

ED治療薬を飲んでいると言われたら…

特別なことではありません。不安なら医師に相談を
ED治療薬は、医師の処方にもとづいて服用すれば安全な薬です。特別なことではないので、必要以上に驚いたり否定的に考えたりせずに、受け入れてあげましょう。もし不安があったり、服用後のセックスで痛みなどがあるようなら、パートナーが通院している医師に相談してもいいでしょう。

◆監修◆東京歯科大学市川総合病院教授 丸茂 健(まるも・けん)先生

構成・文/宇山恵子

前のコラムへ
次のコラムへ
この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
 泌尿器科 精神科 心療内科 内科
この記事の関連コンテンツ
症状チェック  ED危険度チェック
「EDに役立つコラム」トップへもどる
[ED]のここカラダ TOP > EDコラム > 女性にも知ってほしいED
ページの先頭へ
夫、恋人がEDかもしれない…女性はどう対応したらいいの?